相沢さん増殖で初々しい萌えシチュエーションを体験してみた

愛犬しつけ教室プラスわんを犬好きとしては見逃せないので読んでみたのです。こういう作、菊田洋之氏が作者で、犬の挿し絵がアニメとしてはリアリティ溢れているのが大きな特徴です。それでいて者は、敢然と二階級辺りをキープしている地が好感が持てました。残り、創造にファミリー犬の教員を起用しているのが、余計に本物直感を出してますね。こういう愛犬しつけ教室プラスわんの主人公はドッグトレーナーのトップクラスを持つ、近々二十歳の息子で、しかも家出やるという可笑しい第一歩でした。主人は住み込みでワンコの肩入れが出来る勤め先を探しているのです。それで、急きょボーダーコリーの鳴き病み付きを治してほしいというお客が出現。はなはだ人見知りする犬みたいですが、主人は一瞬で懐かれるという離れ業を見せます。ほんとに、犬好きって、ワンコ陣営からわかるみたいですけどね。通常泊まる事がなくて、最初の愛犬しつけ教室プラスわんという場所のプレで野宿した主人泉名結子は、仕方無く修行として働けるようになりました。愛犬しつけ教室プラスわんでは、普通にホームステイする犬以外に捨て犬とか引き取り手のいない生物陣も引き取っているという、奇跡という空間だ。ぱっぱと働き始めた泉名結子は、大丈夫な顔で犬の糞を手入れしていき、実に犬好きだとわかります。でも、近々波乱の年中が始まるのです。これは、どう見ても犬が好きならハマってしまうアニメだと思いました。